霧矢あおいの日々シネマ

女優・霧矢あおいの映画ライフ

エベレスト3D

f:id:cinemaaoi:20170401213525j:plain

「エベレスト3D」は2015年公開のノンフィクション・パニック映画


ミケランジェロや貞子、実在するものもしないものもとりあえず3Dにしていた時期よりは少し遅れて公開された印象ね。


原題は「Everest」だけど、日本では例によって3Dが付け加えられているわ。



パニック映画でノンフィクション。

人を襲うのはひたすら自然の猛威よ。


見ていると、正直山の恐ろしさというよりは人間の愚かさのほうが目につくわ。


酸素を吸わずに登り切ることをポリシーに掲げる派閥と、それに突っかかる派閥あり。断崖絶壁の地での大喧嘩は別の意味でハラハラした。


なぜ人は山に登りたがるのか。という問いの答えは、「そこに山があるから」だけではなく、案外お金と名誉が絡んでいることがわかったり、登山の意外なリアルが興味深い。



空撮を駆使したエベレストの映像や、高いところから見下ろす険しい大地は圧巻だけど、最後までそれ以上のハラハラドキドキはあまりなかったかな。


背負っている酸素がなくなりそうになるシーンは正統派パニック映画っぽいけど、宇宙モノで死ぬほど観た…。



それよりも、この映画のキーワードはお金かも。


「お金って命綱なんだ。」ってこと、リアルに再確認できたわね。